スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎士団出撃

拝啓 お父様
お父様、マーガレットです。
和気藹々と騎士団の中で平和に暮らしておりましたが、ついに動くべき時がきたようです。

私たち姉妹を先頭にした開拓が、ついにジャケン収容所に至ったのはいつか話したと思います。
そこで見付った階級章と認識票は、あまりにも汚れていたので、骨董商の方に修復してもらいました。

姿を現した認識票

それをマゼンダ(グレイス)のところに持っていくと、不可解な事実が見えてきました…

見えない真実

錯乱グレイス

マゼンダ(グレイス)
「そんな…こんなことおかしい…私が調べるわ…彼らの魂を救えるのは私しか…」
マーガレット(マス子青)
「落ち着いて、マゼンダ…あそこはまだまだ貴方には危険です。私たちが調べて…」
マゼンダ
「落ち着いてですって?!
同胞がいるかもしれないのよ、閉鎖された収容所に!
私は軍人よ!常に最悪のケースを想定している!私は…私が…!」

ガッ!!

マーガレット
「姉さん!」
殴った

マライア(マス子赤)
「私の拳を避けられないくらい錯乱してては、あそこじゃ無理ですよ。
調査は我々で行ってきます。」
マーガレット
「気絶してるよ…どうする?」
マライア
「介抱は適任がいる。
行こうマーガレット、騎士団として成さねばならないことがこの作戦で見えそうだ。」
マーガレット
「あ…あぁ…」

マドレーヌ(魚子)
「私が見送れるのはここまでよ。」
マリス(Wiz子)
「皆様、無事な帰還、お祈りしております。」
出撃ジャケン収容所

信頼と名誉、果たすべき目的
マギ
「心配無用、私がついてるんだから!」
マライア、マーガレット
「いってまいります。」

そしてジャケン調査隊は出撃して行った。


ーー時間は少し戻ってコインブラ
わいわいグレイス

マゼンダ
「う…ぐ…くそ…」
グレイスもどき1
「おねえちゃんだいじょうぶー?」
グレイスもどき2
「だいじょうぶー?」
マゼンダ
「!!ななななんだ君達は!」

マジェン…

グレイスもどき1
「へへ~、私マジェンダ~」
グレイスもどき2
「私マジェンガ~」
マゼンダ
「なんだそのふざけた名前は!」
グレイスもどき2
「だって~、そう名づけられたんだもん~」
グレイスもどき1
「しばらくマゼンダお姉ちゃんに面倒見てもらえって…」

マゼンダ
(私への足止めか?にしてもなんなんだこのそっくりさは…
…ここまで似てると…ほおって置けないのは奴等の術中か…)
「わかった、まず君たちの実力を見ることにするよ。」


と、いうわけでジャケン収容所に突入しました。
ただ、敵が強くなかなか前進できないので、報告は遅れると思います。
私が生きて出られれば、報告できると思います。
行ってきます、父上。
スポンサーサイト

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

結成!秘密結社ベアナックル!

お父様、体調を崩されたようで、大丈夫ですか?
御自愛を。

マーガレットです。
まずは従姉妹のマドレーヌ姉のその後です。
見付った男が果たして姉の恋人だった人なのかどうか…

仲むつまじく1

マドレーヌ(魚子)
「ほら、買ってきたわよ~」
主(マス男)
「ぬ…うぅ、すごく懐かしい魅力的な香りが。。。」
マドレーヌ
「そりゃそうよ、あなたの大好物、パンファロ特性ワニ肉のミートボールですもの!」

仲むつまじく2


「君はすごいな、私の何でも知っている。」
マドレーヌ
「そうでもないわ、あなたを知ろうとすればするほどあなたがわからなくなっていく…」

聞いてらんねぇ

ラジアル玉(魚男)
「ケッ、聞いてらんねぇな。」
マライア(赤マス子)
「あぁ…ともかく記憶をなくしているが姉さまの恋人だった男とは相違無いみたいだな…」

と、のほほんと一件落着っと♪
ところでお父様!
私、みんなから見捨てられるあのスタンスにもっと脚光浴びせようと思い立ったんです!
そう!ベアナックル!
一人でベアナックル

一人でぬこにゃーん♪
二人でベアナックル

二人でぬこにゃーん♪
三人でベアナックル

三人でぬこにゃーん♪

マゼンダ(グレ)
「なんで私まで…」
マーガレット(青マス子)
「だって、党内の存在感薄いって嘆いてたじゃん!ここは党内といわずこっそーり秘密結社を立ててババーンと…」
マライア
「それこっそり、とか秘密とかいう雰囲気無いな…」

スベリ(グラシ)
「ハイ!おれそれの党首やりたい!」
はい!ベアナックル

マーガレット
「お兄さんノリイイ!」
マライア
「とりあえず腕前を見せてもらおうか。」
スベリ
「おう!もう最高レベルの25なんだぜ!」

ベアナックル(特殊)

スベリ
「オラオラオラオラ!」
マライア
「確かにすごいな…」
マーガレット
「お兄さんかっこいいよ!」

スベリ
「おう、見てな、俺のすごいところはこれだけじゃないぜ!」
横蹴り

横蹴り!

スベリ
「どうよ、これでどんなヤツもイチコロで飛んで…あれ…みんなは?」

いっちゃったぁ

マライア
「確かマーニャがスタンスレベル高かったな…」
マーガレット
「行ってみよう!」
マゼンダ
「…」

スベリ
「おーい、どうしたんだよ、なんでいっちゃうんだよー」
ラジアル玉
「どうやら足を使ったのがよろしくないようだな…」

「ベアナックルは元来徒手による格闘、ということなのだろう。」
スベリ
「そんなぁ…」

と、いうわけで秘密結社ベアナックルが結成されました♪
党内の存在感もそれなりです!
代表は…しばらくマライア姉さんでいいじゃん!

マライア
「えー…」

文句言わない!
と、いうわけでそんな平和な日常を送るハグルマ一家でした。
お父様、早く体調を良くして下さい。
回復を祈っております。
マーガレットより

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

新たな仲間、軸受家

拝啓 お父様

おぉぉぉぉぉお父様!
大変です!お姉さまの過去の男が生きていたみたいです!

ハァハァ…

落ち着いて話しますね。
 私達姉妹のレベルは順調に上がって、オーシュのグラングマアーケードで新しい服を選んでいた時の話です。
 一緒に従姉のマドレーヌ姉さん(魚)も着てくれたのですが。

マリオネット合流


マライア(マス左)
「これ派手じゃない?」

マドレーヌ(私・マス右)
「いいじゃん、攻撃速度も回避率も申し分ないし!かわいいわ、私も欲しいくらい。」

マドレーヌ
「あ・・・」

いない!

マライア
「姉さん、どうか・・・な…あれ?」
マーガレット
「あれれ?」

マライア
「あそこだ!」

すたこらさっさ

マドレーヌ
「待って!」

マーガレット
「姉さん、どこへ!」
マライア
「あの男達を追ってるみたいだな…」

標的

マーガレット
「街から出ちゃうよ!」
マライア
「まずい!やめて姉さん!」

マドレーヌ
「待ちなさい!何度言ったらわかるの?!エイ!」

ドーン

どーん…

マドレーヌ
「あ…」
マライア・マーガレット
「あちゃぁ…」


ガラの悪い男1(赤髪)
「おいおいお嬢さん、いきなり不意打ちとはひどくねぇか?」
マドレーヌ
「す…すみません」
ガラの悪い男2(魚男)
「いきなり吹っ飛ばして『すみません』じゃすまねぇだろうが!」

ガラの悪い二人

マーガレット
「どうしよう、姉さん」
マライア
「どうみてのそこらへんのチンピラだ。軽く脅せば逃げるだろう!いくぞ!」
マーガレット
「アイアイサー!」

マライア
「マドレーヌ姉さん!頭下げて!」
マドレーヌ
「え…あ…待…」
マーガレット
「死にたくなかったら消えうせろ!」

マライア・マーガレット
『アンダーカバーリング!!』
アンダーカバーリング

ガラの悪い男達
「うぉぉぉぉぉ!」


ガラの悪い男1
「てめぇらよくも!」
ガラの悪い男2
「なんだなんだ?今日はケンカふっかけられてばかりだな!」

マライア
「ほう、なかなか骨があるな、面白い、受けて立とう。」


待って

マドレーヌ
「待って待って!悪いの私なんだから!!」

こいつ


マドレーヌ
「この人が私の昔戦死したはずの恋人によく似ていたから…」
ガラの悪い男2
「おめぇ!こいつの素性が分かるのか!」
ガラの悪い男1
「教えてくれ!」
マドレーヌ
「え…でも似ているだけだし…」
ガラの悪い男1
「おれはコインブラでさまよっている時、海岸に打ち上げられたコイツを見つけた。助けてやったらなかなか頭のキレがよくて、記憶は無かったが、行く当てのなくさまよってる俺達をまとめてひとつの家門にしちまったんだ。
おれはこいつに感謝してる。こいつの記憶が戻るためならなんでもする!」

ガラの悪い男2
「恋人だったんだろ?主(マス男)何も覚えてないんですか?」


「うーん…


いや、覚えてない。」
覚えてない


先は長そうです。
ともかく、姉御の恋人らしきつながりってことで軸受家とお知り合いになりました。

なにぶんお父様の趣味で女ばかりの騎士団だけに、頼もしい…こともあるかもしれません。

それではまた手紙を書きます。
お元気で。マーガレットより。

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

アナログFlash時計14(シック)
FC2カウンター
カレンダー(月別)
11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ハグルマ

Author:ハグルマ
グラナド・エスパダ
ラピスラズリ鯖にて活動中
家門:ハグルマ
所属:自遊党


CABAL
マーキュリー鯖2chで活動中
FS カサハグルマ      Lv.140
WA ナイトウォーカーガーディアン  Lv.53
FA ヤマバハグルマ     Lv.17
Wiz ハスバハグルマ     Lv.17
BL ナイトウォーカーブレーダー   Lv.17
FB ナイトウォーカーオフィサー    Lv.17
CABALに関してはmixiにて記載しております。

mixi名「刃車」で探してみてください。

リンク
blogpet
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。