スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリス(Wiz)の献身

お父様、お元気ですか?
マーガレットです。
この二三日大きく動きがありました。
まず党の方々と地下遺跡にこもりまして、私達の世話役であるマリス(Wiz)がLv.64を超え、ついにメイド服着用です!
トルシェーの屋敷のメイド、エレナさんに作っていただいたメイド服、キャップ、それにホウキを装備!

メイド装備

美しい…
でもマリスさん、せっかく浮かんでるのにホウキの持ち方変じゃないですか?

マリス「え…でもこのホウキ武器になっててこう持つほうが戦いやすいんですぅ…」

むぅ、かわいいから許す。

マドレーヌ(魚)「オヤジかい、あんたは…」

クオリティも高いんですよ、ささ、お父様、堪能してください。

マドレーヌ「まさか…」

メイド服ローアングル

ほらぁ、って隣でなにやら火柱が…

マドレーヌ「燃やす…まぁぁぁぁがれっとぉぉぉぉぉ!!」
ひぃ…

マリス「あぁ、おねぇさま、わたくしはかまいませんので…家長ハグルマ様に拾っていただいたわた…」

マドレーヌ「だまりなさぁぁい!どんな身分だって女の尊厳を踏みにじるのは許しませんわぁぁぁぁ!
まぁぁぁぁぁぁがれっとぉぉぉぉぉどこ行ったぁぁぁぁぁぁ!」




コソ…

で…ではひっそーり続けますね。
で、マリス新装備を付けたマリスさんに、10/30までやってるハルウィーンイベントのワラ人形集めをやってもらったのですよ。
というのもマライア姉さまがあのパンプキンヘッドを欲しがって…

マライア(マス)「お前だって欲しがっていたではないか…」

姉さん!声落として!見つかっちゃう!

マライア「?」

でもあんな危険なことになるなんて・・・

そう、SS残する余裕も無いくらい危険な旅を、マリスに押し付けてしまいました。
飛べるから攻撃当たりにくいとはいえ、
クモのマジック攻撃のみならず…
ベアワーカーの鶴嘴がなぜか空に届いたり…
灼熱の高原ではワニもタコも対空攻撃できるし…
Virgin家の観光案内でも不評だったフェルッチオウォールでは死神に追い回されるし…

ひたすら飛んで、POTがぶ飲みして、死んだらそこでワープポイント設定して…

旧コインブラ港にて

セレステ湖にて


何度も昏倒しながら無事全ワラ人形を発見、全ての商品をいただきました。パンプキンヘッド*3はうれしかった。
マリスさん、ごめんなさい。ありがとうございます。

マリス「でも気持ちよかったし、お役に立てれば幸いですわ。」

うぅ、謙虚なマリスさん。マドレーヌに爪の垢を煎じて飲ませたい…

マドレーヌ「何か言った!?」

ひぃ、なぜここに!?

マドレーヌ「あなたを燃やすためよ!待ちなさぁい!」




…コソ

なぜマリスさんも?

マリス「いえ、私はあっちで…」

あぁ、騎士団長マゼンダ(グレイス)かぁ…

マリス「POT代、ワープ呪文の書と大量に騎士団のお金を使い込んだもので…」

あぁ、私から説明するよ。私達姉妹の頼みだし…

マリス「いえいえ、ここは私からで大丈夫ですので、お嬢様方はどうか…」

って、それかぶっていくの?

マリス「マゼンダ様、怖いんですもの。」

ははは…
パンプキンヘッドメイド


マドレーヌ「あぁなぁたぁわぁ、なぁぁぁにもかぶらなくていいわよねぇ…」

ひぃ!

マリス、確かパンプキンヘッド三つもらったよね!あと2個どこ?!
え?!倉庫?!
うわぁぁぁぁん!!

マドレーヌ「待ちなさい!」

ひぃ、あちいぃ、今回だけで書ききれなかったので次回は大切な、お父様の切望した彼女が騎士団に加わった話です、お楽しみに!

あちぃぃぃ…
あぢい

スポンサーサイト

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

団体戦

お父様、お元気ですか?
マーガレットです。
最近他の家門と共に戦闘すること多くて、そのSSを載せていきますね。

まずリオン平原にて
リオンの勇士

三家門で挑み、MOB沸きが激しい場所に陣取って過酷な戦場にw
第二小隊と、マゼンダが戦いましたわ。
他と組むと回復を任せてしまうのは仕様です。

沸きが激しくて壊滅したりもしましたそうですわw

次、理想の陣形でポルドベルロの放置。
ポルドベルロの勇士

わかりにくいかもしれませんが、部屋の出入り口方面に高レベルのグレイスが展開、手前側にマリーン(アデ)、奥側にはファイ子と魚子が展開し、完全に部屋を掌握。で、レベル低い連中を中央に集めてます。
まるで最後の避難所というか、これでシナリオ書いたら絶望的場面ですが、放置狩りとしては大成功例の一つです。
ここで我々のマイ(リボ)とマーニャ(リサ)のレベルも上がり、ついでに素手格闘スタンスも10以上になりましたww


そして、これほど大規模なものは初めて参加しましたが、なにやら団体戦です。すみません、名前聞いていたのですが忘れてしまいました。
団体戦1

ともかく強すぎるボスが沢山!
マライア(マス)、と私(マス)と、回復役のマギ(エミリ)で参加したのですが、到底かなわない。Lv.100の戦士も簡単に吹き飛ばされてました。
ボスは全部で4体いたような、さらにこの場のユニークMOBも来て戦場は悲惨な状況でした。
もう一枚これがラスボス
団体戦2

これが死体を次々に生産。この後回復支援に回っていたマギもリザポが切れ、あえなく戦線を離脱しました。

とまぁ最近は放置ばかりで面白いこともエロいことも無いですね。
ただ、メイン姉妹(マライア、私)はエミリを伴っていよいよジャケン収容所に到達しました、でもここが強くて…
釣り狩り

このように一体づつ釣って狩るのが精一杯。
私たちも72になりましたが、まだまだ修行が必要そうです。
ではまた手紙を書きますね。
お元気で
マーガレット

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

BOTを嫌う魔王の降臨

お元気ですか、お父様、マーガレットです。
そちらはもう秋の終盤でしょうか、くれぐれもお体に気をつけてください。

マライアとマーガレットはリオン平原でなんとかLv.69になりまして、リオンダンジョンという所に狩場を移してみました。
しかしMOBの沸きが恐ろしく早くて、衛生兵のマギを連れて行ったのに、姉と共にあえなく全滅。

でもこれを話したら、ギルド…あらやだ、間違えましたわ。党員の方が一緒に狩にいってくれるって言ってくださいましたの。

で、回復役を他人に任せて久々にマゼンダと共に第一小隊出撃ですわ♪
リオンダンジョンで狩

ルディ殿、ディオ殿、改めてここで御礼申し上げます。
元気に姉妹70、マゼンダも67です♪

その後デビルバレーに連れて行ってもらい、さらにジャケンIDにもつれてってもらいました。
ジャケンIDはなにやら防衛戦なのに、最初に出てきた騎士に三人とも一瞬で気絶させられたのは内密にw

その後マリアナが最近加わった二人の面倒を見て、二人を32にしてくれました。

ふと気がつくと第三小隊の中堅二人は34.あと少しで追いつかれてしまう、と急遽出撃。いい狩場といったらジザベル渓谷かボルトベルロ。とりあえずボルトベルロに飛ぶと
ボルトベルロBOT

まぁいつもどおりBOTでのお出迎え。ここはいつもいますね、ただなにやらいつもより数が多いし、なにやら統一された感じがある。

とりあえずボルトベルロでは敵が強すぎて、ジザベル渓谷に移動。

驚いたことにこっちにも大規模BOT部隊がいたんですよ。
SSし忘れたのですが、この後掲載するそいつらの骸の数から、わかるかも。
ボルトベルロは女マスケに女スカウト
ジザベル渓谷は男マスケに男スカウト

さすがに数が多くて狩場確保できなかったので、チャンネル移動したら、なんと全チャンネルにこの大規模部隊が…

というわけで、どうせこっちも強くないので端っこのほうでコソコソ放置…

お父様、文章ばかりだからって寝ないで!ここからちゃんとSSあるから!
で、朝、第三小隊の貫徹狩任務を解いて開拓碑に報告に行こうとしたら

マリアナ「あんなのあったか?」
マオ「拾えないな。」
マユ「まるで光の壁だ。」
光の壁


マオ「気を付けろ!壁の向こうになにかいるぞ!」
闇の鼓動

お父様!大変です!
BOTを嫌う魔王の降臨です!
世界は終わりです!!

マライア「落ち着け、最後までマリアナの報告読んでいないだろ。
     あれはジャケンコモドLv.64だそうだ。
     しかしすさまじい数だな。」

そう、そこにいたのは真っ黒になってうごめくジャケンコモド
誰がやったのかはわかりませんが、地面には累々とBOTの死骸。
50以下だから復活すると、むごいタコ殴り。
とりあえずチャンネル移動すると
上のが1、以下2,3はだいたい同じ光景と報告が来てました。

BOT殲滅魔王軍1

2,3にはさらにウルフがいました。ノンアクだからBOTだけに的を絞れるというわけか…


とりあえず開拓碑に報告に行きたいのですが
BOT殲滅魔王軍2

見つかればこっちも標的です。
しかもコモドは遅いからなんとかなっても、海賊と一緒にウルフを攻撃してしまって…

結局追い回されてあきらめてバラックへ
そういえばこれってイベントだったのかなぁ
でも全チャンネルっておかしいですよねぇ。

何があったんでしょう?

あ、お父様、忘れるところでした。
取って置きの一枚です。デュオ家の魚子様です。
スケスケ

この、薄布ごしに見える魅惑のヒップラインをお楽しみください♪

マドレーヌ「マーガレット!!せっかくお知り合いになった家門に
      なんて失礼なことを!」

ひぃ!
でぁ~ノシ

マドレーヌ「待ちなさい!今日という今日は燃やしますわ!」

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

司祭室、テトラ大遺跡地下墓地掃討

前略
父上、お元気ですか?
そちらでは寒くなる時期となったので、体調には十分気をつけてください。

マーガレットです。ハグルマ騎士団のみんなは元気です。
父が遣わしてくれたメイドのマリスが、レビテーションを覚えたので、先日単独で各地の偵察にいってくれました。
浮く

覚えたてでまだおぼつかないようですが速度は歩きの比ではありません。
爽快に浮く


敵の攻撃はほとんど効かないのですが、状態異常は有効で
浮きながら寝る

途中寝ちゃいました。
 MOBは必死に追いかけてくるので、SP切れて落ちると悲惨でしたが、マリスさんはもう一度浮いて探索を続けてくれました。
ドギーボム、ドギーパンツァーのクエを4つ受け取ってもらい、大感謝です。

 ちなみに下から見た画像は…未知の領域で見ることができませんでした。

マドレーヌ「なんでそういう方向になるの?」
マーガレット「だって、これ父の趣味も兼ねてるって言ったじゃん…」
マリス「御主人が喜んでくれるなら…」
マドレーヌ「あんたもそういうこと言わない!男なんてどいつもしょうも無い生き物なんだから!」

 続けますね。
昨日父の友人が開拓に参加するということで、新たに騎士見習いを仲間に招き、共に育てながらマギとマリアナにサポートしてもらいました。
ヒーラーが二人いて、SQ組んで挑むと、アル・ケルト・モレッツァは余裕です。二人で司祭室まで往復しました。

あと、オーシュに拠点を置くことから、お目付け役にオーシュマスケッティアが一名騎士団に入りました。合わせて紹介しますね。

マドカ

騎士見習いのマドカさんです。
剣にはやたら詳しく、ほとんどの剣を使いこなす逸材です。
きっと将来この騎士団を背負って…

マドレーヌ「まずはあんたたちがしっかりしなさい、って言うわよ。」
マーガレット「痛いお言葉…マライア姉さん寝込んじゃうよ。」
マドレーヌ「あれは寝たいだけでしょ!」

マキシス

こちら、オーシュマスケッティアのマキシスさん。
無口で怖い人だけど、長銃を愛する心だけは私たち姉妹と共通です。
にしてもタイトスカートで膝立ちって…父上、いい目の保養になるでしょ♪

マドレーヌ「マーガレット!燃やすわよ!」
マーガレット「ひぃ!」

その後引き続き二人のサポートにはマリアナについててもらい、司祭室のエリアバルチャー退治に向かいました。計22部屋。けっこううんざりする長い戦闘です。

司祭室ジートムクント

しかも司祭室のジートムクントは、倒すと

影ディロスラテム

影ディロスラテムが出てくる。
結局二人がLv.20になるまで戦い、達成。
司祭室報告

レベル10の経験値カード6枚って…ガックシ

気落ちしてるのを見越してか、第三小隊ががんばってくれました。
テトラ大遺跡地下墓地のバルチャー、残り4つだったので、突入。
テトラ地下墓地報告

結果、レベル30の経験値カード6枚。ここで出るのの最下位商品。

でもみんながんばってくれました。
とくにマリアナ、一日中がんばってる。
よし、姉さんと一緒にまたリオン平原にピクニック行こう!

第一小隊は相変わらずトルシェーの屋敷の人形退治がはかどらないですが、気長にやってます。

まだ手紙書きます。お元気で。
マーガレット

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

騎士団再編成

女「マライアさん」
マライア「はい?」
女「私のこと覚えてる?」
マライア「あ、Virgin家の頭首のリサ・・・」
女「違うわよ、マーニャよ。」
忘れてた

マライア「あぁ!」

そう、今の今まで忘れてたハグルマ騎士団の構成員、マーニャさん参上。しかし忘れられてたとは…
憤慨してると、かつて共に戦っていた第三小隊長マイが助け舟。
まぁまぁ

マイ「また一緒に狩にでも行きますか。」
マーニャ「どうせ使いづらいからほっとかれてたんでしょ、いい狩場なんてないのよ。」

う~ん、痛い。こりゃ相当怒ってる。

マイ「今は違うぞ。私の部下達を育てる関係で、近接戦闘の方法が身についてきてるはずだ。ヒーラーがいればかなり無茶できるぞ。」
マギ「なら私が行きましょう。」
いざ

マイ「いいのか?第二小隊は?」
マギ「どうせ明日まで化粧してるわ。ささ、忘れてた人を見返すのよ!」
マーニャ「おう!」

というわけで三人でボルトベルロで大暴れ。
やろぉ

マギ「無茶だったかしら?」
マーニャ「そんなこと無い、まかせろ!」

マイ「こいつらビンテージワインなんて物落とすぞ。」
マーニャ「なんかのクエか?」
マギ「記憶に無いわね。」
マーニャ「とりあえず取っておこう。」


マギ「あら、ヒビ入ってる。」
マーニャ「その辺のビンと入れ替えよう。」
マイ「中身減ってる。」
マーニャ「海水でも入れとこう。」
マギ「さっきMOBが飲んで火を噴いた!」
マーニャ「しっかり栓をして包装すりゃわからないって。」


なんだココ

マーニャ「なんだここ?」
マギ「セントカトリナ宴会場って書いてありましたわ。」
マイ「にしては恐ろしいところだな。」
趣味悪い

マーニャ「宴会場にしては…骸骨か…」
マイ「とりあえず広すぎてクラクラする。」
下

マイ「押すな!落ちる!」
マーニャ「うわぁ、深い~」
マギ「どれ?見えない~」
マイ「順番だって!」


そんなこんなでボルトベルロを駆け抜けた三人が帰ると、マゼンダが喜んでビンテージワインを持ってコインブラへ行きました。
マイ「あれ・・・使うの?」
マーニャ「みたいね…」
マギ「あ、帰ってきた。」

マーニャ「あのワイン、どうしたの?」
マゼンダ「あぁ、最終的にナジブさんのクエストで、万華鏡を手に入れるのに役立ったよ。」
万華鏡を求めて

マゼンダ「あのワインは夫に届けるワインに困っていた奥さんが急いで船に積み込んでいたよ、どうかしたのか?」
一同『イヤイヤイヤイヤ、あはは…』

どっかの開拓地で悲鳴が聞こえることだろう。

マゼンダ「ところでマーニャ、まだまだ騎士団の編成はしっかりしたものでは無くてな、申し訳ないことをした。」
マーニャ「いえ、そんなわざわざ。」
マゼンダ「そういうわけで一部編成を変える。マリーンは第一小隊移ってもらい、マーニャは第二小隊に入ってくれ。」
再編成

マゼンダ「よろしく頼む。」
マリーン「了解。」
マーニャ「了解。」

マイ「ところでこのブログ、Virgin家を元にしてますがかなりひどいですね。」
マドレーヌ「そうねぇ、クエストの内容とか事細かに記録されてないし、攻略の役にも立たない…そうだ、マーガレット!」
マーガレット「はい?」
マドレーヌ「あなたお父さんに定期的に手紙出してるでしょ。」
マーガレット「!なぜそれを…」
マドレーヌ「あれをここに載せちゃいなさいよ、どうせ書くならみんなでやったほうが楽でしょ。」
手紙

マーガレット「いやしかしアレは父の趣味であんなことやこんなところのSSを集めて…」
マドレーヌ「何?聞こえないわよ?いいよね?」
マイ「私も協力しますから…」
マーガレット「はい…(もう知らない!お乳様画像とかおちり画像はもう送れないなこりゃw)」

さて、次回からどんなブログになることやら。
てかブログってどう作ればいいのかわからない暗中模索が続きます。
こう御期待

いや、あまり期待できないかも。

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

テトラ遺跡調査

女だ

まぁ女キャラばかり使ってると妄想に浸れるわけで(オイ

マウスの問題が解決したのでブログ再開♪
相変わらず第一小隊はサボリモードで、第三小隊が出張る。

任務受諾

ネヌズよりテトラ遺跡で隠された隠された廊下の鍵探しを受諾。
地下墓地へ第三小隊出撃。

でもって大回廊で
フルボッコ3

いつものごとくフルボッコ
だがここで問題が発生。
衛生兵であるマリアナがいつも先に死んでしまい、隊の全滅につながる…
そこでマイ班長(lv.41)騎士団首脳部へ相談

働いて


…眠いとか…
困った…

そこで姉御であるマドレーヌに相談。
まかせなさい

なにやら考えがあるらしい…

こうやってね、ボォォォォォってするの。
あぢい

ボォォォォォォォ・・・

おお、なるほど、と納得するマイ。

まいりました

マドレーヌ「ね、快く受け入れてくれるでしょ」
マイ「確かに」
マライア「くすん・・・」


そんなこんなで久々に第一小隊出撃。
行き先はリオン平原
マリアナ「あのぉ、忘れ去られた埠頭とか、もう少し低いところじゃないと私即死です・・・」
マライア「即死でかまわん、復活するまで守る。」
マーガレット「そうよ、せっかく50以下なんだからバンバン死んじゃいなさいよ♪」
マリアナ「う・・・」

そしてリオン平原に突入。しかも寝放置
アップ

一気にlv.27から34へ

いよいよ作戦遂行に支障は無くなった。
ジートムクント(テトラ)

ジートムクントを倒して隠された廊下の鍵を得ていざその廊下へ!

秘密の廊下

黄金でいっぱいの隠された廊下
マオ「これ・・・もらっていいかな」
マユ「床に張り付いてるから無理かな・・・」
マオ「にしてもこの廊下、広いけどむこうつながってないし…」
マユ「短いし・・・」
マリアナ「馬鹿なこと感心してないでさっさと任務こなすよ!」

宝箱からはめぼしい物が出ないまま任務完了。
ちなみにそのろくでもないものもネヌズ提督に押し付けられた…
後で使うのかな…

さて、次の任務はボルトベルロになるそうだ。心してかからんと。


珍しいと言われて、勢いで三体もいるリボソルジャー達
何が好きかってそのピッチリしたオチリだったり(オイ
ではまた次回!
あると思う!

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

久々の更新で申し訳ない・・・

というのもうまくSSが取れないのです.
先日マウスを5ボタンの私としてはかなり高級なマウスに代えたのですが,そしたらグラナド・エスパダだけでスクロールボタンが効かない・・・

元のマウスに戻せばいいのですが,せっかく買ったのでこれを使えないかとこの二週間悩んでいるわけで・・・

機種はSANWA社製MA-LS3
OSはXP
ドライバは公式HPから最新版を落としました.
CABALやIE7,OPERAは正常に動作します.

どっかにNetscape7.01でスクロールボタンが使えないという話があり,それの対策でAutoScrollを入れてみればという文があったのですが,DLサイトが閉じている上プログラムの説明を見ると何か違いそうなのに…

訪問客が100人を超えたのになかなか更新できずに本当に申し訳ないです.なにか知っていることありましたらお教え頂けると幸いです.


10月5日追記
ななななんとマウスドライバーを削除したら動きました。
しかも5つボタンのほとんどの機能は生きてるし…
スクロールボタンの左右が効かなくなったかな、でもいらないし…

というわけでスクロールボタン効くようになってSS取り放題
ブログ、再開します~
見捨てなかった方、ありです~

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

アナログFlash時計14(シック)
FC2カウンター
カレンダー(月別)
09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハグルマ

Author:ハグルマ
グラナド・エスパダ
ラピスラズリ鯖にて活動中
家門:ハグルマ
所属:自遊党


CABAL
マーキュリー鯖2chで活動中
FS カサハグルマ      Lv.140
WA ナイトウォーカーガーディアン  Lv.53
FA ヤマバハグルマ     Lv.17
Wiz ハスバハグルマ     Lv.17
BL ナイトウォーカーブレーダー   Lv.17
FB ナイトウォーカーオフィサー    Lv.17
CABALに関してはmixiにて記載しております。

mixi名「刃車」で探してみてください。

リンク
blogpet
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。