スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も今日とて開拓生活

夢・・・

最近のホームタウンがオーシュなだけに、ここに本部が欲しい騎士団首脳陣…

でもとうていそんなお金はありません(キッパリ

さて、今日は第三小隊が出動して、リンドンから与えられた雑務をこなしていきます。

なかなか解決しない石像破壊阻止に、レベルばかり上がる。
MOB無視で走っていると

追ってみる

なぜかアク敵を追ってたりする。

でもMOBも礼儀正しい。
止まるとちゃんと
列になって走ろう1

列になる。

そんなこんなでフェルッチオジャンクションでのクエ終了。
だが次なる任務はアル・ケルト・モレッツァ。
いっぱいのMOBに
フルボッコ

可愛がられてます。
でもメインのマスケ部隊がこの頃だと、集めずに端から殺しますが、硬い彼女たちなら大丈夫。とフルボッコ容認(ぇ

でも任務はここの司教の影を倒せとのこと。
出て来たはいが浮いてる~地上戦仕様の第三小隊には苦しい戦い。
仕方なく第一小隊のマスケ隊に交代、瞬殺しましたとさ。

さて、こき使うリンドンがいよいよ推薦状を出してくれて、コインブラに移動。
ヌネズ提督が手料理で歓待してくれた、いやはやできた人だ。
手料理ができたようです

これはこれは、また珍しい料理。リンドンの激務から開放された喜びと一緒にアーン…
・・・

味


・・・

食が進まないね、と心配する提督。いやはや御心配なく…
とりあえずおなかいっぱいです、ハイ。

残りを副官に?

あぁ、受け取っちゃった…

持つもの嫌


で、しかたなく副官に差し出すと、慣れたもの
慣れてる


でも伝えるのは私達なんだ…

後日談、マライアさん達に言ったら、彼女たちもあれを食べさせられた、と大笑いしてた。
先に言ってください…
言われてても何もできませんが…

さて、ヌネズ提督から任務を受け取って遂行しようとしてるところに、騎士団が所属する自遊党が党戦に突入するそうな。

いざ、我々も!
といったところで第一小隊はなぜかサボリ
第二小隊はお化粧が整ってないとか…

よって平均レベル23.5の第三小隊がやむなく出撃…
いざデベルバレーへ・・・


・・・デビルバレー?


デビルバレー


ムリイイイイイイ!

当然行く途中からMOBのいい餌食です。

でもMOBは礼儀正しい。

列になって走ろう2

一緒に列になって走ってくれます。
止まるとフルボッコですw

でもってデビルバレーは第三小隊の到着を待たず陥落。
次にフェルッチオジャンクションをとろうという話。そこなら余裕でつける!

FJ奪取作戦

浮いている人二名
水着数名
サボリ数名
とりあえずひたすら斬る。
第三小隊みんな近接戦仕様だからもう見えないw
しかも平均レベル23.5だからたかが知れてるだろうなぁ・・・

結局作戦は失敗、騎士団はこれを重く見て、いよいよ第一小隊出動で次の作戦、王達の庭園へ

王達の庭園戦


守備部隊がいる~
なんとか撃破して射撃体勢にはいったら敵の増援
対応する間もなく第一小隊全滅。
慌てて第二小隊も出撃、味方の援護に徹する予定が最前線へ…全滅

ともかく実力不足な騎士団、あえなく戦力外のまま制限時間

というかこっちを狙ってるよりは、味方を狙った範囲攻撃に巻き込まれてチボンが多かったのは虚しいw

というわけでそんなこんなの騎士団の開拓生活でした。
今日も今日とて第三小隊が出撃して任務をこなしている…
スポンサーサイト

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

ハグルマ騎士団第三小隊

第三小隊

ハグルマ騎士団第三小隊。
リボルドウェソルジャー一個分隊で編成された正規軍の小隊。
家主の戦友のツテで、騎士団編成の折、マライア姉妹の護衛ということで編入されたが、まだまだ実力不足である。
ちなみにマライア姉妹がバレアレス海戦についての調査に熱中しているので、開拓や本国からの指令はこの小隊が担っていたりする。
マイマオマユ

マイ、マオ、マユ(順不同(マテ)
多分マイが真ん中、一人装備が違うからw
リボルドウェソルジャーの一分隊の三人。近接戦闘が得意で、隊列を組んで突撃する戦闘がメイン。
家主の趣味で全員女性なのは内密に。
マリアナ

マリアナ
この小隊のメディックだが、そんなに被害を受けるのも今のところないので、ナイフを握って前線へ出ている。
軍から離れての任務になったとたん露出が激しくなったのは本人の趣味、と勝手な設定つき。

最近はフェルッチオジャンクションの大石造の爆破計画を阻止するため動いているもの肝心な爆弾が見つからず四苦八苦してたり。

ちなみに上空にたいする攻撃がまったくできない悲しい小隊。

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

ハグルマ騎士団第二小隊

第二小隊

ハグルマ騎士団第二小隊。
火力と回復のバランスがとれた小隊であり、危険地域での長期開拓作業(放置)が可能である。第一小隊をサポートする小隊でもあり、頻繁にメンバーを入れ替えて出撃している。


マドレーヌ

マドレーヌ:マライアの亡き母の姉の娘にあたる従兄弟。第二小隊の隊長を務めている。
マライアより年上で落ち着いており、気取っているが嫌味が無い。
理想の貴婦人。
最近は帽子が欲しそうである…

マリス

マリス:貧乏貴族のハグルマ家でも少数のメイドはいる。彼女がそのメイドの一人で、元々はマライア姉妹の世話係であった。
騎士団創設以来細々としたことをみんな引き受けてくれる縁の下の力持ち。
トルシェーの屋敷のメイド人形エレナにメイド服とホウキを作ってもらい、今はそれを着たくてがんばっていたりする。

マギ

マギ:父を探して騎士団に合流したヒーラー。
いまだにlv.24装備でlv.60エリアに放り込まれたりと不遇だが、けなげにがんばっている。
戦闘を常に後方から眺めているため、その判断は実は的確。
「マギの回答は・・・」
とか言うとか言わないとか。
本名:エミリア ジアリノ

マリーン

マリーン:泣く子も黙るアデリーナ嬢。
ぢ実はマゼンダの調査に興味津々、どうやら彼女の仲間の死についての核心に近いそうだ。
憎しみにとらわれ我を忘れることもあり、第二小隊唯一の近接戦闘、突撃兵として戦う。

今はマライア姉妹に連れられてトルシェー屋敷で暴走人形の掃討に従事させられている。


オマケ

あ

秘境を見たり・・・
むこうの亀だけがこっちに気がついた様子w

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

ハグルマ騎士団第一小隊

第一小隊1

ハグルマ騎士団設立当初からある主力小隊
提唱者マゼンタをはじめ、ハグルマ家の双子姉妹がこの小隊を形成している。
ちなみにこの小隊だけ回復役がいない突撃小隊。

マゼンタ

マゼンタ:元ブリスティア陸軍の情報将校グレイス・ベルネルリ。
敗戦後ベスパニョーラ軍がおさめた不可解な勝利について調査するが、強大な壁に行き詰まりを見せる中、銃をこよなく愛するハグルマ家の双子姉妹に出会う。
目的無く開拓する二人をなぜ信用したかは、銃の話で意気投合したようにも思えるが、二人に騎士団の設立を提唱し、自身も偽名を使ってその中核をなしている。

マライア

マライア:ハグルマ家の双子姉妹の姉。
元々戦争貴族で爵位をもらったハグルマ家だが、戦時中の傷で家長はあまり動けず、また母は敵の砲撃の中死亡。
終戦後、双子の姉妹は自身の銃好きを生かして資金を稼ごうと開拓に参加。グレイスと出会い、騎士団を編成し、予想だにしない大きな事件に巻き込まれていく。
ちなみに実質家長を受け持っているのが姉であるマライアである。
マーガレット

マーガレット:ハグルマ家の双子姉妹の妹。
姉に比べると奔放な性格で、バラックでも長いすを一人で制圧して寝そべっている。ただ、銃の腕はしばしば姉を抜かす。


オマケ
グレイスとグレイスと・・・

グレイスの量産化に成功?!
むこうのカトリーヌの視線が冷たいw

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

アナログFlash時計14(シック)
FC2カウンター
カレンダー(月別)
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ハグルマ

Author:ハグルマ
グラナド・エスパダ
ラピスラズリ鯖にて活動中
家門:ハグルマ
所属:自遊党


CABAL
マーキュリー鯖2chで活動中
FS カサハグルマ      Lv.140
WA ナイトウォーカーガーディアン  Lv.53
FA ヤマバハグルマ     Lv.17
Wiz ハスバハグルマ     Lv.17
BL ナイトウォーカーブレーダー   Lv.17
FB ナイトウォーカーオフィサー    Lv.17
CABALに関してはmixiにて記載しております。

mixi名「刃車」で探してみてください。

リンク
blogpet
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。