スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人教育

マゼンダ(グレイス中央)
「家主から手紙を預かってきたって?」
マジェンダ(グレイス左)
「これです~」
手紙1



御閲覧の皆様へ
 年末に体調を崩し、年始からは就職活動が始まり、更新が1月以上滞ってしまったことをお詫び申し上げます。
 なんとか体調も回復し、就職活動も慣れてきて少し余裕ができたので、本ブログの更新を再開したいと思います。
まだまだ忙しい時期なだけに更新は月に一回くらいになるかもしれませんが、飽きずに来訪していただけると幸いです。
皆様の来訪、心よりお待ち申し上げます。
2008年2月12日 ハグルマ


手紙2

マゼンダ
「これどう考えても違うだろう…私宛ではないぞ。」
マジェンダ
「あれぇ、おっかしぃなぁ。」
マジェンガ(グレイス右)
「あ、こっちですぅ。」


親愛なるマゼンダ君へ
この手紙を読んでいるということは、二人は無事にそちらについたということだろう。
見てのとおり君に酷似した二人だ。

君を知ってのとおり、私は十貴族に仕える技師である。
ある日、私はむごい傷を負ったその二人を見つけ、助けた。
そこは幻術師シャルリンの屋敷の前。

いろいろ調べてると、君がいかにあの女に憎まれているかがわかったよ。
あの女は得意の魔術で、孤児をベースにその二人を作り上げ、どうやらサンドバッグ代わりのようにしてたようだ。
ただ、最近君が強くあの女を怒らせたようで、二人に対する仕打ちが苛烈になり、酷い傷を負って捨てられたようだ。

幸い私の顔の広さでなんとか彼女達の命を救えたが、私の立場的にいつまでも側に置いておくこともできなくなった。
一方的で申し訳ないが、彼女達のことを頼みたい。
よろしく頼む。

ハグルマ


マゼンダ
「なるほど、大変だったんだね。」
マジェンダ
「…私達は大変だなんて思ったことはありません。
私達はそれ以外の生活を知らなかったのだから。」
マジェンガ
「私達は過去を嫌いではないです。
あの時があるからこそ、主やあなた方に出会うことができたのだから。」

マゼンダ
「…強いんだな…」
マジェンダ
「全部主に言われたことです。」
マジェンガ
「傷で動けないからって横でずーっとしゃべってるんですよ!」

文句を言うわりには、二人とも楽しそうだった。
暗い過去も、二人は素直に受け止めている。

マゼンダ
「よし、そうとわかれば早速訓練だ!まず基礎体力をつけるぞ!」
二人
「アイ!マム!」
組み手

マゼンダ
「まず組み手から!ペアナックルを極めろ!」

まず基礎訓練といいつつ、ベアナックル、ハグルマ家で初めてLv.25到達です。

マゼンダ
「次は銃だ!愛しちゃうくらい好きにさせてやるぞ!」
射撃訓練

マジェンガ
「一人…多い気がする…」
マゼンダ
「そこ、ごちゃごちゃ言ってない!」

党員の方も手伝ってくれて、二人は一気に一介の戦士に。
頼もしい戦力です。

訓練終了

マゼンダ
「一通りのことは教えた。あとはそれぞれの任務について自らを磨け。」
マジェンダ
「へぇ~ここがリボルドウェかぁ」
マジェンガ
「きれいだなぁ」
マゼンダ
「聞け!コラ!」

なんとか二人を64まで育て、マゼンダは二人を自立させました。
ハグルマ騎士団の任務で二人が出撃する機会も増えるでしょう。



そのころ、メインの姉妹は…
ジャケン収容所のどっか

マーガレット(マス子青)
「マライア姉さん…ここ。さっきも通らなかった?」
マライア(マス子赤)
「う…う、うん…」
マーガレット
「迷子だよね…うちら…」
マライア
「そ…そうだね…」

姉妹
「はぁ…」

マギ(エミリア)
「そ…そんなに落ち込まないで。
ほら、ドラゴンヘッドとかに追い回されたし、戦闘しながらだとわかんなくなるって!
この後は私が道案内するから、ねw」

先は長そうです。
スポンサーサイト

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

新たな仲間、軸受家

拝啓 お父様

おぉぉぉぉぉお父様!
大変です!お姉さまの過去の男が生きていたみたいです!

ハァハァ…

落ち着いて話しますね。
 私達姉妹のレベルは順調に上がって、オーシュのグラングマアーケードで新しい服を選んでいた時の話です。
 一緒に従姉のマドレーヌ姉さん(魚)も着てくれたのですが。

マリオネット合流


マライア(マス左)
「これ派手じゃない?」

マドレーヌ(私・マス右)
「いいじゃん、攻撃速度も回避率も申し分ないし!かわいいわ、私も欲しいくらい。」

マドレーヌ
「あ・・・」

いない!

マライア
「姉さん、どうか・・・な…あれ?」
マーガレット
「あれれ?」

マライア
「あそこだ!」

すたこらさっさ

マドレーヌ
「待って!」

マーガレット
「姉さん、どこへ!」
マライア
「あの男達を追ってるみたいだな…」

標的

マーガレット
「街から出ちゃうよ!」
マライア
「まずい!やめて姉さん!」

マドレーヌ
「待ちなさい!何度言ったらわかるの?!エイ!」

ドーン

どーん…

マドレーヌ
「あ…」
マライア・マーガレット
「あちゃぁ…」


ガラの悪い男1(赤髪)
「おいおいお嬢さん、いきなり不意打ちとはひどくねぇか?」
マドレーヌ
「す…すみません」
ガラの悪い男2(魚男)
「いきなり吹っ飛ばして『すみません』じゃすまねぇだろうが!」

ガラの悪い二人

マーガレット
「どうしよう、姉さん」
マライア
「どうみてのそこらへんのチンピラだ。軽く脅せば逃げるだろう!いくぞ!」
マーガレット
「アイアイサー!」

マライア
「マドレーヌ姉さん!頭下げて!」
マドレーヌ
「え…あ…待…」
マーガレット
「死にたくなかったら消えうせろ!」

マライア・マーガレット
『アンダーカバーリング!!』
アンダーカバーリング

ガラの悪い男達
「うぉぉぉぉぉ!」


ガラの悪い男1
「てめぇらよくも!」
ガラの悪い男2
「なんだなんだ?今日はケンカふっかけられてばかりだな!」

マライア
「ほう、なかなか骨があるな、面白い、受けて立とう。」


待って

マドレーヌ
「待って待って!悪いの私なんだから!!」

こいつ


マドレーヌ
「この人が私の昔戦死したはずの恋人によく似ていたから…」
ガラの悪い男2
「おめぇ!こいつの素性が分かるのか!」
ガラの悪い男1
「教えてくれ!」
マドレーヌ
「え…でも似ているだけだし…」
ガラの悪い男1
「おれはコインブラでさまよっている時、海岸に打ち上げられたコイツを見つけた。助けてやったらなかなか頭のキレがよくて、記憶は無かったが、行く当てのなくさまよってる俺達をまとめてひとつの家門にしちまったんだ。
おれはこいつに感謝してる。こいつの記憶が戻るためならなんでもする!」

ガラの悪い男2
「恋人だったんだろ?主(マス男)何も覚えてないんですか?」


「うーん…


いや、覚えてない。」
覚えてない


先は長そうです。
ともかく、姉御の恋人らしきつながりってことで軸受家とお知り合いになりました。

なにぶんお父様の趣味で女ばかりの騎士団だけに、頼もしい…こともあるかもしれません。

それではまた手紙を書きます。
お元気で。マーガレットより。

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

待望の新入り!

マゼンダ(グレ)「ちょっと待って、今形教えてるから。」
マギ(エミ)「手はこうで…」
マゼンダ「腰をもっとキュっと、肩はグっと…」

まずは形から


なにやらお姉さま方にいいように扱われている方が一人…

マゼンダ「なんか言った?!」

いえいえ、とんでもないです。
はい、準備ができたようですからはじめます。

お元気ですか、お父様。
そちらは冷え込む季節でしょうがこちらでは常夏なイベントが来るそうです。いつかお父様もいらしてください。
では待望のあの人が騎士団に合流しましたよ!

マリオネット合流

カトリーヌのマリオネットさんです!
マゼンダさんの指導で敬礼も決まってます!


マリ「コ…コニー、チワ。」


一同『…』


この子のことトルシェー殿に頼まれたけど、これからいろいろ大変そうw
偉大なる錬金術師だそうですが、娘のこととなると…

親バカ


ただの親バカです。
さて、マギさんが指導任されて、騎士団に合流、早速他の家門と地下遺跡で特訓開始!

ヒーマー


マリ「トッテ。モ。ヒーマー。」

なぜ業界用語!あ、姉貴…

マドレーヌ(魚)「どこでそんな言い方覚えたの!正直にお姉さんに言いなさい!」

マリ「オ…バサン。ダレ?」
マドレーヌ「な…な…誰がおばさんだってぇぇぇ!」

落ち着いて、姉貴落ち着いてください。

マドレーヌ「キー、離しなさいマーガレット、絶対燃やすわ!」

とまぁ波乱の場面もありましたが、おおむね和やかに合流できました。
地下遺跡で一日放置し、レベルはすぐに48。
そこでその人形遣いの腕を試すべくポルドベルロデッキへ。
100個以上用意したツールボックスをガンガン食いながら戦闘するのですが、なにぶん本人が無防備。
運悪くユニークMOBに出会うと人形達それにかかりっきりでマリが殴られっぱなし。
しまいにはなぜか、ジャケンにいるはずのジャバウォックに出会い終了。

あんまり華々しいデビュー戦にはなりませんでした。
これは戦い方に研究が必要そうです。

でもその後のアル・ケルト・モレッツァでのSS撮影支援ではそれなりに活躍。撮影現場の保安を担っていました。

立ち入り禁止デス


がんばったね、マリ。

マリ「ネエサン、が。ガンバッテ、シゴト、ナカッタ。」

またまたぁ、謙遜しちゃって。

マリ「ケンソン…武将カ?」

…え~と…なんでもいいわw
かわいいから許す!

さて、合流で盛り上がっているさなか、一人でコインブラに向かったマリーン(アデ)は、最後の仇を殺して、これで全ての仲間と家族と子供の仇をとってきたそうです。
第三小隊のマオとマユ(リボソル)が彼女のサポートに行きましたが、じっさいの戦闘には参加させてもらわなかったそうです。

まだまだ謎に満ちた勝利が多い大戦だけに、調査は続きますが、ひとまずここで決着をつけた姉御でした。

おやすみ


姉御、男はそこらじゅうにゴロゴロしてるから、吹っ切れたらまた新しい恋でもしちゃたらどうかな♪

マドレーヌ「何言ってるの。男なんてくだらないわ。欲の塊のくせにかっこつけるとすぐ死んじゃうんだから!」

姉貴…

マドレーヌ「な…何しんみりしてるのよ!気持ちよく終わるわよ!ほら!」

は、はい。
ではまた手紙書きます!
では!


姉貴、何があったんだろう…

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

団体戦

お父様、お元気ですか?
マーガレットです。
最近他の家門と共に戦闘すること多くて、そのSSを載せていきますね。

まずリオン平原にて
リオンの勇士

三家門で挑み、MOB沸きが激しい場所に陣取って過酷な戦場にw
第二小隊と、マゼンダが戦いましたわ。
他と組むと回復を任せてしまうのは仕様です。

沸きが激しくて壊滅したりもしましたそうですわw

次、理想の陣形でポルドベルロの放置。
ポルドベルロの勇士

わかりにくいかもしれませんが、部屋の出入り口方面に高レベルのグレイスが展開、手前側にマリーン(アデ)、奥側にはファイ子と魚子が展開し、完全に部屋を掌握。で、レベル低い連中を中央に集めてます。
まるで最後の避難所というか、これでシナリオ書いたら絶望的場面ですが、放置狩りとしては大成功例の一つです。
ここで我々のマイ(リボ)とマーニャ(リサ)のレベルも上がり、ついでに素手格闘スタンスも10以上になりましたww


そして、これほど大規模なものは初めて参加しましたが、なにやら団体戦です。すみません、名前聞いていたのですが忘れてしまいました。
団体戦1

ともかく強すぎるボスが沢山!
マライア(マス)、と私(マス)と、回復役のマギ(エミリ)で参加したのですが、到底かなわない。Lv.100の戦士も簡単に吹き飛ばされてました。
ボスは全部で4体いたような、さらにこの場のユニークMOBも来て戦場は悲惨な状況でした。
もう一枚これがラスボス
団体戦2

これが死体を次々に生産。この後回復支援に回っていたマギもリザポが切れ、あえなく戦線を離脱しました。

とまぁ最近は放置ばかりで面白いこともエロいことも無いですね。
ただ、メイン姉妹(マライア、私)はエミリを伴っていよいよジャケン収容所に到達しました、でもここが強くて…
釣り狩り

このように一体づつ釣って狩るのが精一杯。
私たちも72になりましたが、まだまだ修行が必要そうです。
ではまた手紙を書きますね。
お元気で
マーガレット

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

久々の更新で申し訳ない・・・

というのもうまくSSが取れないのです.
先日マウスを5ボタンの私としてはかなり高級なマウスに代えたのですが,そしたらグラナド・エスパダだけでスクロールボタンが効かない・・・

元のマウスに戻せばいいのですが,せっかく買ったのでこれを使えないかとこの二週間悩んでいるわけで・・・

機種はSANWA社製MA-LS3
OSはXP
ドライバは公式HPから最新版を落としました.
CABALやIE7,OPERAは正常に動作します.

どっかにNetscape7.01でスクロールボタンが使えないという話があり,それの対策でAutoScrollを入れてみればという文があったのですが,DLサイトが閉じている上プログラムの説明を見ると何か違いそうなのに…

訪問客が100人を超えたのになかなか更新できずに本当に申し訳ないです.なにか知っていることありましたらお教え頂けると幸いです.


10月5日追記
ななななんとマウスドライバーを削除したら動きました。
しかも5つボタンのほとんどの機能は生きてるし…
スクロールボタンの左右が効かなくなったかな、でもいらないし…

というわけでスクロールボタン効くようになってSS取り放題
ブログ、再開します~
見捨てなかった方、ありです~

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

アナログFlash時計14(シック)
FC2カウンター
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ハグルマ

Author:ハグルマ
グラナド・エスパダ
ラピスラズリ鯖にて活動中
家門:ハグルマ
所属:自遊党


CABAL
マーキュリー鯖2chで活動中
FS カサハグルマ      Lv.140
WA ナイトウォーカーガーディアン  Lv.53
FA ヤマバハグルマ     Lv.17
Wiz ハスバハグルマ     Lv.17
BL ナイトウォーカーブレーダー   Lv.17
FB ナイトウォーカーオフィサー    Lv.17
CABALに関してはmixiにて記載しております。

mixi名「刃車」で探してみてください。

リンク
blogpet
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。